防水工事

Water安心の防水工事

「雨が降るとポタポタ音がする」「天井に気になるシミがある」「ベランダの水はけが悪い」「舌の部屋が水浸しになってしまった」など、建物の防水やお住まいの雨漏りでお悩みの方、練馬の施工会社、「株式会社ワタナベ」までご相談ください。

当社は創業50年という老舗の施工会社として、確かな技術で防水工事に対応しております。建物の防水が不十分だと、建物の躯体に水が浸入してきて、家を腐らせてしまうことも。家を長持ちさせる防水工事は、当社にお任せください。

創業50年!株式会社ワタナベの防水工事

防水工事はどうして必要なの?

防水工事はどうして必要なの?

防水工事は、ベランダやバルコニー、屋上、屋根などからの漏水を防ぐ工事です。建物に水が浸入してしまうと、家を支える柱や梁を少しずつ腐食させていきます。木造の建物では柱を腐らせ、鉄骨の建物ではサビが生じ、建物を傷めてしまう恐れがあるのです。

防水工事はどうして必要なの?

「雨漏りしていないから大丈夫」と思っている方、水はどこからでも浸入してきます。建物に浸み込んだ水分は、寒い時期には凍結して膨張します。また、夏の暑いときには水蒸気となって想定外の場所に溜まってしまうのです。

建物内部に水分が浸入すると、壁や天井にシミとなって現れ、建物の見た目が悪くなります。さらに建物に付着した水分はカビの発生原因にもなり、そこに住む家族に健康被害を起こす可能性も。だからこそ建物の防水対策が必要なのです。

とくに目立った不具合がなくても、定期的に建物の点検をすることをおすすめします。また、もし漏水箇所が見つかれば、影響を早く食い止めるためにも早急な対策を検討しましょう。

PICK UP! 築年数が浅い家も防水対策が必要?

雨漏りの対策は築年数が古く、老朽化が進んだ家だけの問題とお考えの方はいらっしゃいませんか? じつは昔ながらの三角屋根はシンプルな形で適度な勾配があるので、雨水を排水しやすく、防水には適しているデザインなのです。

一方で、最近人気のある3階建住宅や2階の屋根の上に屋上が設けられた家、広いベランダやバルコニーのある家などこそ、防水対策に注意する必要があります。

平らな屋根や屋上、ベランダ、バルコニーなどは、スムーズに雨水を排出できるように緩やかな勾配がつけられています。とはいえ三角屋根の比べると、どうしても水が溜まりやすくなってしまうのです。面積が広ければ広いほど、漏水のリスクは高まります。

また多くの新築住宅には太陽光発電パネルが設置されていますが、屋根や防水の専門知識がない業者がパネルを設置することによって、漏水を引き起こすことがあります。問題なく設置されているか心配な方は、屋根の無料点検をご依頼ください。

防水工事の種類

屋上や屋根、ベランダなどで行われる防水工事には、様々な種類があります。工法によって耐久年数や費用が変わるので、施工業者とも相談しながら、お住まいに最適な工法を選びましょう。

防水の種類 特徴
ウレタン防水 液状のウレタン樹脂を塗布して防水します。塗布した材料が固まることで、ゴム状の防水膜ができあがります。塗布するタイプなので、複雑な形状の箇所に継ぎ目のない防水加工が可能です。
塩ビシート防水 防水性のある塩化ビニール製のシートを、接着剤などで下地に貼りつけていく防水工法です。施工しやすく、複雑な形状や狭い場所にも施工可能です。下地調整がほとんど必要ないので、工期は短く低コストで施工できます。耐久性や耐候性にもすぐれています。
ゴムシート防水 防水性のある合成ゴム系のシートを、接着剤などで下地に貼りつけていく防水工法です。伸縮性が高いゴムは、耐候性にすぐれています。コスト面は比較的安価で、一般住宅の陸屋根や屋上に使用されています。
FRP防水 FRPはガラス繊維をポリエステル樹脂で強化したプラスチックのことで、強度が高く耐久性にすぐれた素材です。FRPによって防水層を形成するのがFRP防水。軽くて強く、耐水・耐食・耐候性にすぐれています。一般住宅のバルコニーやベランダに適しています。
アスファルト防水 アスファルトをコーティングしたり、アスファルトを含ませたシートを重ねたりして防水を行う工法です。大型ビルやマンションの屋上など、広い範囲の防水に適しています。
当社の防水の施工事例はこちら

    さらに事例を見る

    防水工事には専門知識が必要です

    防水工事には専門知識が必要です

    雨漏りが発生した場合、雨漏りの箇所を単にふさぐだけでは根本的な対策となりません。水の流れや水蒸気をふさいだとしても、流れが変わるだけで、別の箇所に影響を及ぼすことがあるのです。家全体の排水を考慮した対策が必要です。

    たとえば屋根からの雨漏りに気づいた場合、「雨漏りの箇所はここだけか?」「ほかの部分は問題ないか?」「どういった対策が有効的か?」など、専門的な判断が必要です。家全体の防水対策のためには、お住まいを総合的に診断する必要があるのです。

    家の防水対策が心配な方は、当社の無料建物診断をご依頼ください。防水の専門家が、家のすみずみまで点検いたします。

    無料の建物診断はこちらへ

    TOP